« テスト | トップページ | 砂の女から写真紹介 »

譜面と箱男

音楽は芸術だと思う。

人に聴かせる芸術だと。

だれが音楽を作り出したかは知らないが
人は命を貰った瞬間から
心臓が脈を打ち出し

呼吸をする度に律動を生み出す。
声を出せば、それは旋律になる


ギターもまた芸術品だと思う。

エレキギターが出来て50数年。
その50数年経ったギターが現役で今も活躍していたり
現在ではマイナーチェンジをしながらもベーシックな部分を変えずに今も販売されている。

最近気付いたのは譜面、楽譜も芸術ではないのかと…

印刷された譜面、楽譜ではない。手書きで書かれた譜面、楽譜が。

ある有名なミュージシャンが言ってた言葉
「楽譜はモナリザよりも美しい」と。

んな。アホな…
と、昔は思ったが最近は
なるほどな…と思える自分がいる。

もはや最近は尊敬しているミュージシャンの手書きの譜面を見て
酒が飲めるレベルまで来てしまった。

昔は音楽雑誌を見ながら
好きなミュージシャンに憧れて想いを馳せたり

好きなミュージシャンのビデオを見ながら
掃除機の先っちょを両手にエアギターをしたものだが。

最近は憧れていたミュージシャンのようにか分からないが
ただダラダラと髪の毛を伸ばし

掃除機の先っちょではなく本物のギターが多少弾けるようにはなった。

が。今は専ら譜面、楽譜に芸術を感じてしまう。

自分自身が芸術的な譜面、楽譜が書けるようになるまで精進したい。

いや〜、芸術の秋が終わろうとしています。

« テスト | トップページ | 砂の女から写真紹介 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/539430/42802665

この記事へのトラックバック一覧です: 譜面と箱男:

« テスト | トップページ | 砂の女から写真紹介 »