« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

最近の箱男

砂の女から「なんか、最近飲みキャラだね」と言われたのだが

ずっと飲みキャラだと思っていたので少々驚いた。

最近ライブが終わると有り難いことに
お客様から声を掛けて頂けるようになったのだが
その殆どが「シャンプー何使ってるんですか?」である。

ライブハウスのマンスリーフライヤー用のコラムや
ギター誌の誌上レッスンの執筆をしていたらば
と、ある人から「あなたはどこへ向かっているのか」と言われ、

先日レッスンで中学生が「数学が苦手」だとの会話になり
ピタゴラスの定理(a二乗+b二乗=c二乗)が、何故この公式になるのかを説明し、

最近ふらりと寄った本屋で買った本は「仏教」系の本である。

僕はどこへ向かうのか?
そんなこと考えたこともない。

行き先なんてないし、ゴールなんてものもない。

ただ目の前にある何かを掴みたい、すぐそこにある何かに触れたいだけだ。

あの頃の僕には見えなかった世界や
想像も出来なかったことが
ほんの少しだけ見えたり、ほんの少し出来たりしている気もするが
気がしているだけだと思うので
気を引き締めて一歩ずつ亀の歩みで進んでいきたい。

やっちゃった箱男

やっちゃった箱男
やりました。
初体験。

やはり噂通り痛かったです。

ギタリスト人生初の「ネック折り」

先日のライブで、演奏後シールドに足を引っ掛け
正面からバタンキュー。

「パン」という音と共に逝きました。

折れたネックと共に折れる箱男の心。

その日は全く眠ることが出来ない夜を過ごした。


「なんで普段回さない方からシールドを出したんだ」「なんで先にシールドを抜かなかったんだ」
「明日は初めての神戸でのライブなのに、なんで今日なんだ」
「なんで床がコンクリート打ちっぱなしなんだ」等々…。

次の日の神戸。慣れ親しんだ久しぶりのギブソンは懐かしい手触り。

演奏中、浮気したからギブソンに怒られた気がしたのは
気のせいなのか…。

痛いのはギターだが、箱男の財布にもかなりのダメージ。

帰ってくるまでの間で
盟友ギブソンJー45と共に新しい何かを掴もうではないか。


最後に崇拝する清野拓巳の言葉をここに印します。

「ネック折りはギタリストの勲章」

さて、次回の砂箱ライブは
4月13日(土)
岐阜 柳津 カフェシエスタ「柴田生誕祭前々日ワンマンライブ(勝手に命名)」この日は2ステージやります。
チャージはありません。投げ銭制のライブですので投げずにシエスタさんの美味しいご飯、デザートに舌鼓を打って下さい。

4月14日(日)
神戸 元町 BigApple
「柴田生誕祭前日ライブ」
前売り2000円、当日2300円
Next Order3/4に砂箱が合体します。
きっと目から血が出ます、僕の。

4月15日
名古屋 今池 りとるびれっじ
「柴田生誕祭ライブ」
スタート時間やチャージ代の詳細は後日になります。
Next Order2/4と砂箱です。

この日に髪が真っ白くなるか、全部抜けるでしょう。

あ。ちなみにリペアしているギターは間に合いません(笑)

各ライブ共、盟友ギブソンの音色をお楽しみ下さいませ。

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »