« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

世を想う箱男

暖かい季節になるとハリキリボーイやハリキリガールが増えてくる。

地下鉄のドア付近に座り込むボーイたち。

コンビニ前の地べたに座り、たむろするガールたち。


夜中の閑静な住宅街を電気も付けず
ワイワイガヤガヤと自転車で走るボーイズ&ガールズ。

僕はそういうボーイズ&ガールズを見ても何も思わない。

何も思わないというよりむしろ微笑ましいと。

ボーイズ&ガールズは一人では絶対そういうことはしないはずだから。

みんなといるから
横着するだけだから。

微笑ましいな、と。

タバコやゴミを道端に捨てるオヤジよりも
地下鉄で我先に座ろうと横入りするババアよりも微笑ましいな、と。

に、してもハリキリボーイズ&ガールズたちが
祭になるとやたら出てくるのは何故だろうか?

そして冬の寒い時期にはあまり出没しないのは冬眠でもしているのであろうか?

教えて下さい。ハリキリボーイズ&ガールズたちよ。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »