« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年を振り返る箱男

昨日のライブで砂箱年内ライブは終了。

今年は52本でシーズン終了。

昨年は50本で王さんの記録を抜くことは出来なくて残念な気がしたのだが
今年はバレンティンが60本と記録を更新したため、さらにハードルが上がりました。

しかし、今年は西へたくさん行きましたな。
福岡、佐賀、神戸、京都。
東は静岡止まりでしたな。

もうね、思うのですよ。九州って近いな、と。
飛行機でたったの1時間ちょっと。

神戸も車で3時間半。
慣れたら近い、近い。

さて、来年はどこに行くのだろうか。

まだまだ知らない土地やライブハウスもあるわけで
地元名古屋にも知らないお店がたくさんあるはず。

やったことない土地や場所を来年は開拓したいな、と。

今年もお世話になった方々。
今年出会って下さった皆様。

ありがとうございました。
良い年を迎えられますように。

あ。砂箱ライブ年明け一発目は1月25日です。

脱ジャージ宣言

愛すべきジャージを普段着にすることをやめることにした。

アディダスジャパンが作った「ベスト・ジャージスト」に選ばれる前に
ジャージを脱ぐのは非常に残念だが。

70年代のメードインユーゴスラビアのアディダス。
復刻版のアディダス。
普通のアディダス。
もう表舞台に立つことはありません。

ジャージを脱ぐ理由は何故か?

答えは「普通のおっさん」に見えるから。

若いときは(10代からジャージスタイルを愛していた)ジャージを来ても、普段着として成り立っていたと思う。

で、先日ジャージを着て、姿見で自分を見たらば。

普通のおっさんであった。

この時、「ジャージはもうだめ」となった。

楽チンな格好をすると、楽チンな体つきになる。

もう俺は若くない。

パリッとした格好なんていきなり出来ないが
ステージに立つ人間として、人に見てもらう立場の人間として
少しでもいい格好でいたい。

で、脱ジャージ宣言をして次は「パーカー推し」(笑)

あんまり変わっとらんが。

ジャージは部屋着として活用いたします。
…ヴィンテージの2万のジャージが部屋着って(笑)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »