« 2017年6月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

テレビを観ない箱男

いつの日か地デジ化が始まってから、僕の部屋からテレビが無くなった。いや、むしろ無くしたという言葉の方が正しいのかな。

幼い頃はテレビっ子だったと思う。仮面ライダースーパーワン、サンバルカン、ギャバンなどのヒーローものを全て観ていた。
テレビの前にラジカセを置いて主題歌を録音して覚えたりしていた。

ちょっと大きくなってとんねるずやダウンタウンの冠番組や
深夜にやるちょっと大人な番組も観たりしてた。

もう今は殆ど観ない。たまたま朝早く目覚めて、仕事前に実家にいってポチッと点けるけれど、テレビは点いてるだけで殆ど目も耳もそっちにいかない。

そして今日。休みだったので実家でのんびり飲みながらお笑いのライブ番組を観ていた。楽しかったよ。楽しかったのだけれど、感じたのは「距離感」。
ライブ中継なのに距離感を感じた。
うーん、これは何だ?とずっと思いながら酒は進む。
夜になって、またライブ中継のお笑い番組を観る。
あー!気づいた。ライブ中継はライブじゃないんだと。
何かを介して観ている、聴いているだけで生感が薄れてるんだと。

テレビを観ることを別に否定するわけではない。
そこから得られる情報や、テレビだからこそ得られる影響もある。
でも曲げられた情報や歪んだ影響も同時に発してる気がする。

音楽を発する側として思ったのは今日のお笑いの空気感とか芸人さんの生き様とかテレビを観てる人に本気で伝えようとしてるのか?ってハテナに思ってしまった。←だからM-1の決勝はあえて観ませんでした。

確かに数字は大事。売れること、CDを聴いてもらえること、知ってもらえること。
でも、ライブってそこじゃないと思う。

まぁ、いろいろ思いながら今日も呑んだくれてる箱男でした。

« 2017年6月 | トップページ | 2018年1月 »